施工管理の仕事|【建築関係などの技術職の求人探し】専門サイトを使って探す方法を解説

施工管理の資格を活かせる派遣会社に登録することが大切!

施工管理の仕事

男女

施工管理の仕事をするには

施工管理の仕事をするためには、一級建築施工管理技士か二級建築施工管理技士の資格を取る必要があります。資格を取ったら建築業界やリフォーム関連の仕事ができます。もし求人を探す場合は、派遣会社に登録をしておくと便利です。施工管理で働ける方を求めている職場は多いとされているので、求人に困ることは少ないでしょう。

資格が活かせる

派遣会社によっては、活かしたい資格ごとに求人を探すことができるサイトを構築しているところもあります。一級建築施工管理技士か二級建築施工管理技士の資格を持っている人は、その項目を選ぶだけで、施工管理としての資格が活かせる求人を簡単に見つけることができるのです。そのため、自分に合った派遣会社に登録しておくことが大切です。

施工管理と現場監督の違い

施工管理

施工管理とは、建設現場などの現場で、作業工程などを管理する仕事です。幅広い業務を行ない、現場をまとめる仕事になります。書類を作成するなどデスクワークも行ないます。技術者たちのスケジュールも管理するでしょう。

現場監督

現場監督とは、その名の通り、建設現場などの現場を陣頭指揮する仕事になります。デスクワークはほとんど無く、現場でのスタッフとともに仕事をします。現場で指揮監督するので、コミュニケーションが必要とされます。